脊髄損傷について

脊髄損傷

交通事故で背柱に衝撃を受けて脊椎を損傷すると,脊髄に損傷を受けることがあります。

脊髄は中枢神経に分類されますが,中枢神経は末梢神経と異なり回復することが難しいと考えられています。
 

症状固定

交通事故で脊髄に損傷を受けて身体に麻痺等が残った場合,

①現在の治療を継続しても短期間での回復が見られず,
②治療を中断しても悪化の可能性が考えられない状態になった場合,

症状固定と判断されることになります。
 

後遺症と損害賠償

症状固定の時点で残っている症状を後遺症と呼びます。

交通事故によって,後遺症を負った場合は,後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益を請求することができます。
これらは,認定された後遺障害等級に応じた額が支払われるのが一般的です。

脊髄損傷で中枢神経を損傷すると,労働力損失期間も長いものとなることから,若年者の場合は逸失利益が高額になる傾向があります。

詳細な見積りは,御相談ください。
無料の初回相談において,賠償額の見積りもしています。
 

後遺障害等級

脊椎損傷により生じた障害は,他覚的に裏付けることのできる麻痺の範囲や程度によって等級を認定するのが原則となります。

1級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,常に介護を要するもの
2級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,随時介護を要するもの
3級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの
5級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級 神経系統の機能又は精神に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級 神経系統の機能又は精神に障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
12級 局部に頑固な神経症状を残すもの

 

後遺障害等級の認定に備える

後遺障害等級の判断基準を見てわかるように,後遺障害等級の判断は微妙なものもあります。

後遺障害等級の判断は,認定の申請時に添付した資料によって行われます。したがって,適切な等級判断を受けることができるかは,適切な資料をそろえることができたかに大きく左右されることになります。

適切な認定を受けることができなければ,今後の生活を支える賠償額も大きく下がることがあります。
 

医師との共同作業

ほとんどの医師は患者のための資料集めに快く協力をしてくれるはずです。

しかし,医師は治療の専門家であって,後遺障害等級判断の専門家ではありません。
むしろ,医師が後遺障害の等級判断について詳しい知識を持っていることの方が珍しいのです。
そのため,等級判断においては重要な事実であっても,今後の治療やリハビリに重要でない事実は診断書に記載していないこともあります。

適切な後遺障害等級の認定を受けるには,医師と面談して,等級認定において重要な事実を診断書に明記するようにお願いすることや,等級認定に影響のある検査を申し出ることも大切です。
 

早めの相談を

人身事故で重篤な症状になったときは,入通院に精一杯で賠償請求の準備に手が回らないのが普通です。
しかし,今後の生活を支えていくための適切な賠償額を受け取るには,症状固定前から資料集めに動いた方が有利であることも事実です。

当事務所では交通事故には特に力を入れており,自賠責保険の請求や等級認定申請の代行から相手方との示談・裁判までワンストップのサービスを提供しています。

交通事故の相談は初回無料です。
相談したからといって必ず契約しなければならないということもありませんので,御利用ください。

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174