債務整理の種類と特徴

債務整理(借金整理)の3つの方法

借金が膨れあがり返済ができずに困っている人が、借金を整理するには主に3つの方法があります。

①自己破産
②個人再生
③任意整理

①自己破産とは

借金を支払不能・債務超過のときに「自己破産」をすることが可能です。
高価な財産を処分することになりますが、原則として全ての借金をなくすことができる制度です。

自己破産をすると、今後の人生に大きな制約があるように思っている人が多いですが、そのようなことはありません。
自己破産は、借金をゼロにして1からやり直すチャンスを与えるために国が作った制度ですので、制約は最小限にされています。(参照・「自己破産のよくある誤解」

 

②個人再生とは

借金を支払不能・債務超過のおそれがあるときに「個人再生」をすることが可能です。
裁判所を通じて借金の額を5分の1ほどに減額した後に、3~5年間で弁済をしていきます。

自己破産と異なり、住居や車といった財産を手放さなくてもよい場合があります。

定期的な収入があり、住宅や車を手放したくない人は、「個人再生」を利用できるかについて弁護士にご相談ください。
 

③任意整理とは

裁判所を通さずに、弁護士が債権者と直接に交渉することによって、月々の弁済額を今よりも下げる合意を得る手法です。
あわせて、今後発生するはずであった利息を止めることを求めていきます。

利息がなくなれば無理なく3~5年間で借金を返すことができるような場合は、「任意整理」を検討してみるとよいでしょう。

「任意整理」は、自己破産や個人再生に比べて迅速な解決が期待できますが、借金を減額する効果はあまり大きくありません。
他方で、自己破産や個人再生ほど、借金の額がなくても「任意整理」は可能です。

 

債務整理の選択方法

 

  自己破産 個人再生 任意整理
手続の開始条件 支払不能・
債務超過
支払い不能のおそれ・
債務超過のおそれ
特になし
裁判所の関与 あり あり なし
借金の減額効果
原則0円となる

5分の1ほどになる

利息が止まる
高価な財産 ×
処分する必要

残せる場合がある

影響なし
ブラックリスト ×
載る
×
載る
×
載る
会社に秘密にする
できる

できる

できる

3つの債務整理の方法には、それぞれにメリット・デメリットがあります。
借金の額・収入額・財産などから、どの方法がよいかを総合的に判断する必要があります。

弁護士法人フルサポートでは、依頼者から詳しい話をお聞きして、1番メリットのある債務整理をお勧めしています。

参照・「自己破産のメリット・デメリット」
参照・「個人再生のメリット・デメリット」
参照・「任意整理のメリット・デメリット」

 

弁護士法人フルサポートに相談を

弁護士法人フルサポートには、元銀行員の事務員も在籍しており、債務整理(借金整理)に力を入れています。

そのため、岐阜県美濃地方(可児市、美濃加茂市、多治見市、土岐市、瑞浪市、御嵩町、加茂郡、関市、郡上市など)や、愛知県北部(犬山市、小牧市、春日井市など)を中心に、毎月たくさんの債務整理の相談・委任を受けています。

借金問題は、おひとりで悩まずに、電話・メールで御予約の上、弁護士法人フルサポートに御相談ください。
当事務所が債務整理を行います。

債務整理の相談は初回30分無料で受けています。
定期的な収入のある方は分割払も可能です。民事法律扶助の利用も可能です。

 

 

債務整理・借金整理についての他の記事

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174