カウザルギー・RSDについて

複合性局所疼痛症候群(CRPS)

交感神経の過剰な活性化によって生じていると考えられている疼痛を言います。
神経因性疼痛の一種です。

症状固定後も疼痛(痛み)が続き,生活の質や労働能力が減少することがあります。

カウザルギーやRSDなどがCRPSに含まれます。
 

Ⅰ型とⅡ型

複合性局所疼痛症候群(CRPS)の中でも末梢神経の損傷を伴わないものをCRPSⅠ型とよび,末梢神経の損傷を伴うものをCRPSⅡ型とよびます。

複合性局所疼痛症候群という用語は,国際疼痛研究会が使用を推奨している用語ですが,余り浸透していないようです。
CRPSⅠ型をRSDとよび,CRPSⅡ型をカウザルギーとよぶ医師も多いようです。
 

RSD(反射性交感神経ジストロフィー)

交通事故によって損傷を受けたとき,そのことが原因となり末梢神経の損傷を受けていない領域までが,神経に由来する疼痛が広がることがあります。
これをRSDと言います。

痛みを他覚所見で示すことが難しく訴訟で争いになることも多い後遺症です。

RSDの慢性期の主要な反応である①関節拘縮,②骨の萎縮,③皮膚の変化(皮膚温の変化,皮膚の萎縮)が腱側と比較して明らかに認められる場合は,後遺障害認定を受けることができます。
 

カウザルギー(CRPSⅡ型)

末梢神経の損傷後に生じる複合性局所疼痛症候群を言います。

灼熱痛の症状があります。
皮膚の発熱や発汗を伴う激痛があることが特徴です。
 

後遺障害等級の認定

RSD,カウザルギー,その他の神経痛は,疼痛の強度・持続時間及びその原因となる他覚所見等により疼痛の労働能力に及ぼす影響あるいは機能障害の程度により,以下のように等級認定を行います。
 

7級4号

「神経系統の機能又は精神に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの」

軽易な労務以外の労働に常に差し支える程度の疼痛がある場合に認定されます。
 

9級10号

「神経系統の機能又は精神に障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」

通常の労務に従事することはできるものの,疼痛が原因で労働に従事することができなくなることがあるため,就労可能な職種の範囲が相当な程度に限度される場合に認定されます。
 

12級13号

「局部に頑固な神経症状を残すもの」

通常の労務に服することはできるが,ときには労働に差し支える程度の疼痛が起こる場合に認定されます。
    

弁護士基準(裁判基準)による後遺障害の損害賠償請求例

等級 7級 9級 12級
後遺障害慰謝料 1000万円 650万円 275万円
後遺障害遺失利益 1284万円 803万円 321万円
合計 2284万円 1453万円 596万円

 
※労働能力喪失期間を5年,年収530万,過失0%として試算

上記の表は弁護士基準(裁判基準)を用いた試算です。具体的な賠償額は増減しますので,賠償額の見積りは御相談ください。
 

末梢神経障害による運動麻痺

末梢神経に損傷による運動麻痺がでることがあります。

この場合は,原則として損傷の受けた神経が支配している身体部分の機能障害に係る等級が適用されることになります。
 

適切な認定を受けるため

適切な後遺障害認定を受けるには,後遺障害等級判断にとって重要な証拠を集めることが不可欠です。

当事務所では,交通事故事件の総合サポートを目指して,適切な等級認定のために受けるべき検査のアドバイスなどもしていますので,早めに御相談ください。

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174