自己破産のメリット・デメリット

自己破産とは

自己破産とは、借金の返済が不可能であることを裁判所に認めてもらい、借金の支払義務を免れる制度です。

自己破産手続では、所有している高価な財産を処分して借金返済にあてることになりますが、原則として借金を帳消しにすることができます。債務整理の手法の中では、一番メリットの大きい方法と言えます。(参照・「債務整理の種類と特徴」

 

自己破産は再出発の制度

自己破産については、様々なデメリットが生じるというイメージが広まっているようです。

債務整理の相談をしていますと、「自己破産をすると様々な制約が生じて、一般市民として生活することはできなくなる」と思っている方もいますが、そのようなことはありません。(参照・「自己破産のよくある誤解」

自己破産は、借金で生活が苦しくなった人に「再出発のチャンスを与えること」を目的として、国が用意した制度です。
再出発を妨げるような制約は、できる限り生じないように配慮がされています。

自己破産後に借金のない平穏な生活を取り戻した方はたくさんいます。
私の知人にも、自己破産後に起業をして会社を経営している方もいます。

 

自己破産のメリット

①借金をゼロにできる
税金や国民年金といった例外的な債務を除き、一切の借金から解放されます。

②取立てがなくなる
手続開始後は、債権者から返済の催促の電話がかかってくることがなくなります。
債権者が差押をすることもなくなります。 落ち着いて生活を立て直すことができます。

③手元にお金を残すことができる
99万円までのお金や、古い自動車などを手元に残すことができます。

 

自己破産のデメリット

①住宅を手放さなければならない
住宅をお持ちの場合は、原則、手放すことになります。
しかし、仮に「自己破産」をしなくても、住宅ローンを返せない場合は抵当権を実行されますので、住宅は遅かれ早かれ手放すことになるでしょう。
もし、住宅ローンを支払い続けることができるならば、「個人再生」を選択することをお勧めします。

②クレジットカードを作れなくなる
自己破産の手続に入ると、信用機関のブラックリストに情報が載るため、5~10年間はお金を借りることや、クレジットカードを作ることが難しくなります。
もっとも、借金の返済が滞ればブラックリストに載りますので、自己破産特有のデメリットとは言えないかもしれません。

③手続中は一定の職業に就けない
自己破産の手続が開始すると免責決定がでるまでの3~4か月間ほどは、警備員・宅地建物取引主任者などの特別の職業をすることができなくなります。
もっとも、そのような職業はごく限られています。

④官報に氏名が掲載される
自己破産をした場合には、官報という政府刊行物に氏名が載ることになります。
しかし、誰が破産したか官報でチェックしている人なんてほとんどいないはずです。
周囲の人に知られることはまずないでしょう。

 

自己破産制度の利用

借金を返せない状況になっている場合、「自己破産」は、「個人再生」「任意整理」と比較して、特別なデメリットはありません。

むしろ、債務が0円になるという大きなメリットにこそ、着目するべきです。

自己破産は年間におよそ10万人も利用している制度です。

借金問題は、お一人で悩まずに、電話・メールで御予約の上、弁護士法人フルサポートに御相談ください。
当事務所がお力になります。

弁護士法人フルサポートは、岐阜県美濃地方(可児市、美濃加茂市、多治見市、土岐市、瑞浪市、御嵩町、加茂郡、関市、郡上市など)や、愛知県北部(犬山市、小牧市、春日井市など)を中心に、毎月たくさんの自己破産手続の相談・委任を受けております。

自己破産の相談は初回無料で受けています。定期的な収入のある方は分割払も可能です。民事法律扶助の利用も可能です。

 

 

債務整理・借金整理についての他の記事

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174