遺産分割を弁護士に依頼するメリット

相続を確実に行うのは弁護士です

市民の多くは、「相続の問題」と言いますと、まずは「相続税」を思い浮かべるのではないでしょうか。あるいは、不動産の「登記移転」が気になる方もいるかもしれません。

しかし、相続手続で一番大切なことは、税金や登記ではありません。
まずは、「確実に財産を相続すること」なのです。

税理士が得意とする相続税の申告も、司法書士が得意とする登記の移転も、確実に財産を相続できた後の、いわば「事後報告」に過ぎません。
確実に財産を相続できなければ、相続税も登記も必要がありません。

確実に財産を相続するには、幅広い法律(相続法、親族法、債権法、民法総則、不動産法、租税法など)を熟知していることが必要です。
法的に確実な相続手続(遺産分割)は、法律の専門家である弁護士にお任せください。

なお、弁護士法人フルサポートは、税理士と司法書士と連携していますので、確実に財産を相続した後の手続(相続税の申告・登記の移転)も当事務所内で代行しています。(参照・「相続手続の代行サービス」

 

相続の種類

遺産分割では、大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

①協調型 … 相続人の間に意見の対立がない場合
②調整型 … 他の相続人の意見がわからない場合
③対立型 … 相続人の間に意見の対立がある場合

それぞれのタイプについて、弁護士に依頼するメリットを述べます。

 

「協調型」で弁護士に依頼するメリット

相続人の間で遺産分割についての争いが生じていないタイプです。

しかし、当初は意見に対立がなくても、遺産分割協議を進めていくうちに、相続人の間で意見の対立が生じることは珍しくありません。
法律の専門家である弁護士が遺産分割協議に関与していれば、中立・客観的なアドバイスをすることで、意見の対立を未然に防ぎ、スムーズに遺産分割協議を進めることができます。

また、弁護士は、厳密な遺産分割協議書を作成することができます。
せっかく作った協議書であっても、内容が不正確・曖昧なものですと、後の争いの種となることがあるので注意が必要です。

弁護士法人フルサポートは、遺産分割協議書の作成も含めた「相続手続の丸ごと代行」を行っていますので、御利用ください。

 

「調整型」で弁護士に依頼するメリット

他の相続人の意見がわからない場合に、意見の調整を行っていくタイプです。

他の相続人の所在が不明な場合は、戸籍や住民票などを取り寄せて、他の法定相続人の住所を調べることから始めます。

そして、他の相続人と連絡をとった上で、遺産分割方法の提案をしていきます。
このとき、一部の相続人を代理して交渉することが可能なのは、弁護士のみです。
多くの場合は、法律の専門家である弁護士が意見を伝えることで、スムーズに遺産分割の合意を得ることができます。

相続人の間に争いがないことが判明した場合は、「協調型」へと移行することも可能です。
他方、他の相続人から遺産分割の合意が得られない場合は、「対立型」へと移行していきます。

 

「対立型」で弁護士に依頼するメリット

遺産分割についての意見が対立しているタイプです。

この場合は、一部の相続人の代理人となり、残りの相続人と交渉をしていきます。
このような代理交渉が可能なのは弁護士のみです。

「弁護士に委任すると、事を荒立て過ぎるのでは」と心配する方もいらっしゃいますが、実際は、弁護士が交渉をすることで、裁判外の話し合いで解決することがほとんどです。

残念ながら、他の相続人の合意が得られない場合は、調停・裁判などに進むことになります。
調停・裁判の代理人となることができるのは弁護士のみです。

 

弁護士法人フルサポートの強み

「対立型」や「調整型」の相続に対応できるのは、弁護士だけです。
また、「協調型」においても、弁護士は信頼性の高いアドバイスをすることで対立を未然に防ぐことができます。

弁護士法人フルサポートでは、このような強みを持った弁護士が中心となって、税理士・司法書士が協力して相続サポートチームを立ち上げております。

弁護士・税理士・司法書士の異なる知識・経験による相続サポートが、当事務所の強みです。
当律事務所は相続手続・相続問題の全てをサポートします。

相続手続の相談は、初回無料です。お気軽にお電話・メールでご予約ください。

 

 

遺言・相続についての他の記事

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174