不倫・浮気の慰謝料の相場について

不倫の慰謝料請求

結婚をした者には、配偶者(夫は妻、妻は夫)に対して貞操義務(配偶者以外の相手と性的関係を持たない義務)があります。

配偶者が浮気(不貞行為)をしたときには、浮気の相手と配偶者に慰謝料を請求することができます。

配偶者が不貞行為をすれば、離婚をしていなくても、婚姻関係が破壊されていれば慰謝料を請求することができます。

 

配偶者が浮気相手を誘った場合

この点、配偶者から不倫相手を誘って浮気をしたのか、浮気相手が配偶者を誘惑したのかを気にする方もいます。
しかし、判例は配偶者が積極的に浮気を誘った場合でも浮気相手への慰謝料請求を認めています。

「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持つた第三者は、故意又は過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によつて生じたかどうかにかかわらず……精神上の苦痛を慰藉すべき義務がある」とした判例があります(最判昭和54年3月30日)

 

不貞・浮気の慰謝料の相場

裁判における慰謝料の額は、100万から300万が相場であると言われることが多いようです。

しかし、相場はあくまで目安に過ぎません。

実際の慰謝料の額は機械的に決まるものではなく、裁判官が証拠にあがった全事情を考慮して決めることになります。
したがって、証拠にあがった様々な事情により、50万円程度から500万円まで大きく額は変動します。

 

家庭裁判所が慰謝料の算定で考慮する主な事情

裁判所は、以下のような事情を考慮すると言われています。

①婚姻期間
②不貞行為によって離婚・婚姻関係が破綻したか
③不貞行為の回数・期間
④どちらが浮気の主導的役割を果たしたか
⑤未成年の子の有無

これ以外に個々の事情があれば考慮されることになります。

また、正当な額を裁判所に認めてもらうには、請求する者が個々の事情を証明する証拠を集める必要があります。
証拠として提出できなかった事情は慰謝料の額に反映してもらえないのです。

 

まずは相談を

しっかりとした証拠のそろわないうちに、相場とかけ離れた額を請求してしまうと、相手の態度を硬化させてしまい、その後の交渉がうまく進まないことがあります。

最初から、専門家である弁護士に相談・依頼をすることをお勧めします。

弁護士法人フルサポートは、可児市・美濃加茂市・多治見市・土岐市・瑞浪市などを中心に、離婚・男女問題について多くの相談・依頼を受けています。
配偶者の不貞行為に気づいた場合は、まずは御相談ください。

 

 

男女問題・離婚業務についての他の記事

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174