不貞(不倫・浮気)による慰謝料請求をしたい方へ

不倫相手への慰謝料請求

配偶者が浮気(不貞行為)をした場合は、配偶者と浮気相手に慰謝料を請求できます。

当事務所では、可児市・美濃加茂市・多治見市・土岐市・瑞浪市などを中心に、毎年、数多くの浮気の慰謝料請求の依頼を受けています。

慰謝料の相場は、100万円から300万円の間と言われています。
もっとも、浮気の慰謝料の額は、婚姻期間の長さや、不貞行為の長さ、子がいるかなどによって大きく増減しますので、これ以上の額になることもあります。

なお、慰謝料は離婚をしない場合でも請求できます。

 

内証証明郵便による慰謝料請求

配偶者(夫や妻)や浮気相手に慰謝料を請求するには、まずは、示談を行うことになるでしょう。
具体的には、弁護士が内容証明郵便を送って請求する方法が一般的です。

自分で、浮気の慰謝料請求を行おうとすると、ついつい感情的になりがちです。
必要以上に相手を問い詰めると、相手に対する脅迫になってしまうおそれがあります。
弁護士を介して冷静に交渉することをお勧めします。

また、浮気相手に対し、慰謝料の請求と合わせて、二度と配偶者に近づかないように誓わせることもあります。

裁判での慰謝料請求

配偶者や浮気相手が、内容証明郵便での請求(示談)に応じない場合、裁判で請求することになります。

裁判では、証拠によって事実の認定を行います。
そのため、裁判の前には、証拠を集めておくことが重要です。

浮気の証拠の例

  • 夫や妻が不倫相手の家に通っているところの写真
  • 夫や妻と浮気相手のメールやラインの記録
  • 夫や妻が浮気相手とホテルで撮影した写真
  • 本人や浮気相手が浮気を認めたことを示す録音や書面

 

裁判では、これらの幾つかを組み合わせて立証することも多いです。

当事務所では、不貞行為を証明するのに十分な証拠が集まっているか、更に証拠を集める必要があるかといった見通しについての相談も受けています。

 

初回無料の相談

浮気相手の慰謝料請求をしたいが、弁護士費用が高くつくのではないかと心配している方も多いようです。
しかし、当事務所では、弁護士費用の方が高くつくおそれがある場合は、その旨をお伝えいたしますので、ご安心ください。

浮気の慰謝料請求の御相談は、十分な証拠がある場合、初回30分は無料でお受けしています。

相談が外部に漏れることはありません。
まずは,お電話・メールで相談を御予約ください。スタッフが丁寧に対応いたします。

 

 

男女問題・離婚業務についての他の記事

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174