治療の打切り・症状固定について

症状固定と後遺症・後遺障害

症状固定とは以下のような状況を言います。

①現在の治療を継続しても短期間での改善が見られず
②治療を中断しても悪化の可能性が考えられない状況

症状固定の時点で残っている症状を後遺症と呼びます。
後遺症を労働能力の喪失という観点から法的に評価したものを「後遺障害」と呼びます。
 

症状固定の前後の損害

交通事故の被害者は、加害者に対して損害賠償を請求できます。

損害賠償請求を、損害の発生時期に着目した場合、症状固定時を基準として以下のように分類できます。 

症状固定前に生じる損害
治療費   …症状固定までに必要だった治療費(実費)
入院雑費  …入院に伴い支出された雑費
入通院慰謝料…入院や通院に  ・休業損害  …治療のために仕事を休んだことによる損失
 

症状固定後に生じる損害
後遺障害慰謝料 …後遺障害に対する慰謝料
後遺障害逸失利益…労働能力が喪失したことによる損害

ここで注意しなければならないのは、原則として相手方に請求できる治療費は、症状固定前のものだけで、症状固定後のものは含まれないということです。
 

痛みが残っているが症状固定となった場合

まだ痛みやしびれが残っているにもかかわらず、医師も症状固定を認めることがあります。

納得がいかないかもしれませんが、「症状固定」とは、現在の治療を継続しても短期間での改善が認められないことを意味するのであって、痛みが消え去ったことを意味するものではないので仕方がありません。

症状固定時に激しい痛みが残っていたり、可動域の制限が残っていたりする場合は、「後遺障害等級の申請」をしましょう。

症状固定が認められた場合は、原則として治療費は請求できなくなりますが、「後遺障害等級」が認められた場合には、「後遺障害慰謝料」「後遺障害逸失利益」を請求することができます。

「後遺障害慰謝料」や「後遺障害逸失利益」は、「裁判基準」に従いますと高額になる可能性があります。
しかし、保険会社は、「裁判基準」よりも低い額を提示してくることが多いです。

後遺障害等級が認められた場合、正当な損害賠償額を受領するためには、弁護士に交渉代理を依頼するとよいでしょう。

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174