Archive for the ‘借金整理’ Category

可児市・美濃加茂市の自己破産・個人再生-債務整理の弁護士

2017-07-20

自己破産・個人再生の相談事例

岐阜県美濃加茂市に住むAさんは、会社内での異動にともない給料が減額されました。 このため、住宅や車のローン、クレジットカードの返済が難しくなり毎月の支払いが滞っています。

Aさんは、自己破産個人再生をしようと思い、債務整理を得意とする可児市の弁護士に相談をしました。
※フィクションです。

 


債務整理・借金整理業務について

 

自己破産とは?

自己破産は、債務が原則として0円となる手続きです。
このため、債務整理の効果は個人再生よりも遥かに強力です。

自己破産では、高額な財産(住宅、車)を手放して弁済に充てることが原則となります。
この点が、自己破産のデメリットと言えるでしょう。

(参照・「自己破産のメリットデメリット」

 

個人再生とは?

個人再生は、借金をおよそ5分の1に圧縮する手続きです。
そして、借金を圧縮した後に3~5年かけて返済していくことになります。

債務額は減りますが,依然,借金を返済していかなければならない手続きです。 このため、個人再生を利用するには定期的な収入が必要となります。

(参照・「個人再生のメリットデメリット」

 

個人再生でも高額な財産は手放す可能性がある

一般に、個人再生のメリットは「自己破産と違い財産を残すことができる。」と説明されることがあります。

しかし、住宅ローンと、車のローンが残っている場合は、住宅(建物・土地)には抵当権が、車には所有権留保がついているのが通常でしょう。
そのような場合は、個人再生であっても、自己破産と同じように、住宅や車は債権者によって換価されてしまうのが原則です。

したがって、高額な財産が換価されてしまうことは、自己破産特有のデメリットとは言えないかもしれません。

(参照・「債務整理の種類と特徴」

 

個人再生で住宅を残す方法

個人再生を選ぶメリットとしては、個人再生には住宅ローン特則(住宅資金貸付債権に関する特則)が用意されていることにあります。
この特則を使えるならば、個人再生を行っても住宅を手元に残すことができる場合があります。

特則を使うには、住宅には住宅ローに以外の抵当権がついていないことなどの条件を満たしている必要があります。

また、住宅ローン特則を使った場合は、住宅ローンは個人再生による圧縮を受けることができません。
原則として住宅ローンは、今までどおり返済していく必要があります。

したがって、個人再生による住宅ローン特則を用いるには、住宅ローン以外の債務が圧縮されるならば、「住宅ローン以外の債務」と「(圧縮を受けていない)住宅ローン」を返済していくだけの収入が必要となります。

 

無料法律相談

自己破産個人再生のどちらがよいかは、依頼者の収入の額、収入の確実性、債務の額、住宅の有無、抵当権の有無などによって変わることになります。

弁護士法人フルサポートは債務整理を得意とする法律事務所です。
相談者から詳しく話をうかがい、1番メリットの大きい債務整理の方法を提案しています。

債務整理の初回の相談は無料です。
定期的な収入がある方については,分割払いにも対応しています。
自己破産・個人再生の手続きが始まれば,取り立てが止まりますので,弁護士報酬を支払う余裕が出てくるのが通常です。

当事務所は、毎月、可児市・美濃加茂市・多治見市・土岐市・瑞浪市などを中心に多くの債務整理の相談を受けています。
おひとりで悩まず、お気軽に電話・メールで御予約の上でご相談ください。

 

 

個人再生の弁護士事務所-岐阜県可児市・美濃加茂市の債務整理

2017-06-29

債務整理に強い弁護士

弁護士法人フルサポートには,元銀行員の事務員もいることから,債務整理に力を入れています。

自己破産や任意整理の他,個人再生もたくさんの依頼を受けています。

債務整理の種類

債務整理の依頼は,岐阜県(可児市,美濃加茂市,多治見市,土岐市,瑞浪市,関市,郡上市,御嵩町,坂祝町,加茂郡など)や,愛知県北部(犬山市,小牧市,春日井市など)から受けています。

 


債務整理・借金整理業務について

 

個人再生による減額

個人再生は借金を減額する手続です。
どれだけの減額を受けられるかは,借金の額に左右されます。

借金が100万円未満……減額なし
借金が100万円~500万円未満…100万円に減額
借金が500万円~1500万円未満…5分の1に減額
借金が1500万円~3000万円未満…300万円に減額
借金が3000万円以上……10分の1に減額

個人再生(小規模個人再生)

このように,最大10分の1まで減額することはできますが,自己破産とは違い,借金が0円にはなりません。
借金を減らす効果だけを注目するならば,自己破産の方が有効な手段と言えるでしょう。

また,額を下げてもらった上で,3~5年間かけて借金を返していく必要がありますので,定期的な収入が保証されていないと,個人再生を選択することはできません。

 

個人再生のメリット

個人再生と自己破産を比較したときに,個人再生には以下の2点メリットがあります。

① 一定の場合は住宅を残すことができること
② 免責不許可事由がないこと

個人再生のメリットデメリットについて

 

①住宅を残すこと(住宅資金特別条項)

債務者が住んでいる土地建物は残せる場合があります。
「その土地建物に住宅ローン以外の抵当権がついていないこと」など,いくつかの要件を満たす必要があります。
また,土地建物を残すことができた場合は,住宅ローンについては減額することができません。

住宅ローンを支払い続けていくことができる収入がある場合に選択できる手法です。

 

②免責不許可事由がないこと

「自己破産」においては,「免責不許可事由」がある場合は,原則として,「免責」(借金を0円とすること)ができないとされています。

免責不許可事由とは,たとえば,ギャンブル(競馬,パチンコ,競輪など)が借金を増やした原因である場合や,クレジットカードで購入した商品を安い価格で換金していた場合などです。

もっとも,実務上は,免責不許可事由がある場合でも,裁判官の判断によって「免責」となることも多くあります。

しかし,多額なギャンブルなどをしていた場合は,裁判官の判断によっても「免責」ができませんので,このような場合は「自己破産」を選択するべきではありません。

「個人再生」には「免責不許可事由」がありませんので,借金を作った理由は考慮されません。

 

個人再生は弁護士法人フルサポートへ

個人再生を望まれる場合は,弁護士法人フルサポートに御相談ください。
メール・電話で御予約の上,当事務所でお話をうかがいます。

また,個人再生よりも,自己破産任意整理の方がメリットが大きい場合もあります。
相談者の話を聞きながら,もっとも適切な債務整理の方法を提案しています。

 

 

土岐市の債務整理-債務整理に強い可児市の弁護士

2017-05-18

東濃地方の債務整理の相談

弁護士法人フルサポートは,債務整理(任意整理,個人再生,自己破産)を得意とする法律事務所です。
土岐市多治見市瑞浪市といった東濃地方からも多くの相談をお受けしています。

収入のほとんどが借金の返済になってしまっている場合や,借金の返済が滞ってしまっている場合は,債務整理の相談をすることをお勧めします。

 


債務整理・借金整理業務について

 

債務整理の種類

①自己破産

債務が増加してしまい,借金の返済が困難になった場合には,「自己破産」をすることをお勧めしています。
自己破産に対する悪い印象を持っている人が多いようですが,原則として借金を0円とできる手続きですので,債務整理としては一番効果的と言えます。

②個人再生

住宅を所有しており,住宅を残したいと考える方もいるかもしれません。
定期的な収入が保障されていて,住宅ローンを返済していくことが困難でないならば,個人再生を検討することになります。
「個人再生」は,借金を圧縮する手続きですので,自己破産ほどの効果は期待できません。
しかし,住宅を残すことができるというメリットはあります。

③債務整理

「債務整理」は,月々の支払額の減額を債権者にお願いする手続きです。支払額は減額されますが,債務自体が減るわけではありませんので,あまり効果的とは言えません。
債務整理や個人再生を避けて,任意整理を希望される方がいますが,債務整理や個人再生が可能なほど債務を負っている場合は,債務整理や個人再生をするべきと考えています。

より詳しい説明は「債務整理の種類と特徴」のページに記しましたので,お読みください。

 

法人破産

中小企業(法人)を経営している場合は,個人の破産に合わせて法人破産も行うことを,裁判所は原則として要求しています。

弁護士法人フルサポートは,東濃地方(土岐市・多治見市・瑞浪市)の法人破産も受けていますので,法人を経営している場合は,法人破産も合わせて御相談ください。

 

無料法律相談

債務整理・法人破産は無料で相談を受けています。

相談を希望される方は,まずは電話(0574-49-9174)で相談の御予約をしてください。
予約の際に,債務の総額,債権者の数,現在の月収(手取り)等をお聞きしますので,メモにまとめておきますと,スムーズに進めることができると思います。

自己破産に強い弁護士-可児市・美濃加茂市の弁護士事務所

2016-03-20

可児市・美濃加茂市の自己破産

自己破産は,借金の返済によって生活が苦しい場合に,裁判所を通じて借金を原則0円にする制度です。
弁護士法人フルサポートでは,可児市・美濃加茂市・多治見市などを中心に自己破産の相談を受けています。

債務整理の相談は無料です。


債務整理・借金整理業務について

 

自己破産のデメリット

①ブラックリストに載る
自己破産をするといわゆるブラックリストに載るため,7年ほどローンを組めなくなります。
しかし,ブラックリストには自己破産をしなくても載ることがあります。
例えば,クレジットカードの返済が滞っている場合などです。

②財産を処分する必要がある
持ち家や新しい車を持っている場合は,これらを処分する必要があります。
持ち家をどうしても残したい場合は,自己破産ではなく個人再生を考えるとよいでしょう。

③一定の職業への制限
自己破産の手続をしている数か月間,一定の仕事に就けなくなります。
例えば,税理士や警備員,株式会社の会社役員などがあげられます。
もっとも,手続が終わりましたら制限はなくなります。

自己破産のメリット

このようなデメリットはありますが,借金が原則0円となるという大きなメリットがあります。
借金が0円になることは,任意整理や個人再生といった他の手続では実現できません。

借金によって現在の生活が非常に苦しくなっている人にとっては,デメリットを大きく超えるメリットと言えるでしょう。

そのため,全国で年間に6万件ほどの自己破産が申し立てられています。

美濃加茂市・可児市の任意整理-債務整理に強い弁護士

2016-03-04

美濃加茂市の債務整理の相談事例

Aさんは,現在,美濃加茂市の会社で働いている会社員です。
1年ほど前に,病気で働けなかった時期があり,その間の生活費としてクレジットカード会社から借金をしました。
このときの借金が200万円ほどあるのですが,なかなか返済をしきれずに困っています。
しかし,美濃加茂市内に持ち家があるため,できれば自己破産はせずに終わりたいと考えています。
そこで,可児市の債務整理に強い弁護士に相談をしました。
※フィクションです。


債務整理・借金整理業務について

 

任意整理

任意整理とは,弁護士が債権者と交渉して支払額を減らす合意を取り付ける方法です。
通常は,利息を止めてもらう代わりに3~5年で返済をしていく合意をすることになります。

自己破産や個人再生とは違い,裁判所を通さずに行う債務整理です。
そのため,相手の合意がなければ任意整理に成功しないという短所はありますが,自己破産のように,持ち家を処分したりする必要がないという長所があります。

任意整理の効果

例えば200万円の借金に15%の利息がついていた場合に,利息を止めずに返そうとすると,およそ249万円の返済が必要となります。
すると,毎月およそ69,000円ずつ返していく必要が生じます。

ところが,任意整理によって利息を止めることができれば,200万円を返せばよいことになります。
すると,毎月およそ55,000円の返済で済むことになります。

Aさんの場合は,任意整理をすることによって,返済総額は49万円減少し,月々の返済額は14,000円ほど減少することになります。

美濃加茂市の個人再生-債務整理が得意な弁護士

2016-02-22

美濃加茂市の債務整理の相談

美濃加茂市のAさんは,過去に自営業に失敗をして多額の借金を負いました。
その後,美濃加茂市の会社勤めとなり安定した収入はありますが,このままでは借金を返しきることができるかが不安です。
しかし,自己破産をすると持ち家を手放さないといけないと聞いています。
持ち家を手放さないで債務整理をする方法を,可児市の債務整理が得意な弁護士に相談をしました。
※フィクションです。


債務整理・借金整理業務について

 

債務整理が得意な弁護士

弁護士法人フルサポートでは,債務整理(自己破産,個人再生,任意整理)の相談に力をいれています。

そのため,美濃加茂市,多治見市,御嵩町,下呂市などからも相談にお越しになる方がいます。
名古屋の弁護士事務所よりも,素早い対応が可能になります。

Aさんのように,安定した収入があり,持ち家を手放したくない人には,個人再生を薦めることになります。

個人再生手続きの内容

個人再生の手続きでは,
①借金の利息を止めます
②借金の額を最大5分の1まで減額します
③減額した借金を3~5年で返済します
という手続きです。

個人再生手続きのメリット

減額幅としては,借金が原則0円となる自己破産の方が優れています。
自己破産が可能ならば自己破産を第1に考えるべきです。

しかし,個人再生にもいくつかのメリットがあります。
①住宅を残すことができることがあります
②自己破産のような免責不許可事由がありません

持ち家があり,持ち家には住宅ローン以外の担保がついていない場合は,持ち家を残すことができる場合があるということが,個人再生の最大の特徴です。
(その代わり,住宅ローンは減額することができず支払い続けなければなりませんが)

また,借金が増えた理由が浪費のみといった場合は,自己破産の免責不許可事由に該当するため,免責がおりないことがあります。
免責がおりないとは借金が消えないということです。
実際は,免責不許可事由がある場合も,裁量免責により免責をしてもらえることもあります。
しかし,免責不許可が予想される場合は,個人再生を選択するのも1つの手段です。

個人再生の相談は無料

借金を整理するには,どの手段がよいかは御相談ください。
弁護士法人フルサポートでは,債務整理の相談は無料でお受けしています。

可児市の債務整理の弁護士-依頼方法

2016-02-13

可児市の債務整理の相談事例

Aさんは,借金が増えて生活が苦しくなりました。
借金を返済するだけで給料のほとんどがなくなってしまいます。
そこで,債務整理を依頼するために,可児市で債務整理を得意とする弁護士に依頼をしました。
※フィクションです。


債務整理・借金整理業務について

 

債務整理に力をいれる弁護士事務所

弁護士法人フルサポートは,債務整理に力をいれています。
債務整理には,自己破産,個人再生,任意整理といった手段がありますが,弁護士法人フルサポートでは,このいずれの依頼も受けています。

可児市だけではなく,美濃加茂市,多治見市,犬山市,御嵩町,八百津町などからの債務整理の依頼も受けています。

債務整理を希望する方は,まずは電話(0574-49-9174)により御予約ください。
当事務所では,債務整理の相談は無料でお受けしています。
御予約の際は,借金の総額と,収入をお聞きしますので,だいたいの額で構いませんので確認しておいてください。

真面目な方ほど,債務整理を相談するには勇気が必要なようです。
しかし,債務整理を終えた方からは,「勇気を出して相談してよかったです。」といった言葉をいただいています。

債務整理の依頼

債務整理の第一段階は,借金の総額を確定させることです。
また,相談者の収入も重要な情報となります。

そこで,債務整理の相談をするためにお越しになる際は,以下のものを持参するようにお願いしています。

・借金の相手と額を書き出したもの
・御自身と配偶者の収入がわかるもの(給与証明書や厳選徴収票)
・通帳

弁護士費用について

債務整理については,当事務所は分割払いでも引き受けております。
債務整理を開始いたしますと,銀行等の取立てが止まりますので,この期間を利用して支払いをしていただくことになります。

また,弁護士法人フルサポートは,法テラスと契約しています。
そのため,収入が低い方は,法テラスの民事法律扶助を用いてご依頼することもできます。

美濃加茂市・可児市の債務整理-債務整理に強い弁護士事務所

2016-01-23

美濃加茂市・可児市の債務整理の相談事例

美濃加茂市の賃貸マンションに住むAさんは,離婚がきっかけで美濃加茂市の飲み屋を渡り歩くようになり,そのためのお金を消費者金融から借りるようになりました。
そのような暮らしをしているうちに,借金は1000万円を超えており,利息を返すだけで精一杯になっていました。
Aさんは,債務整理に強い可児市の弁護士事務所債務整理の相談をしました。
※フィクションです。


債務整理・借金整理業務について

 

中濃・東濃地域の債務整理

弁護士法人フルサポートは,債務整理に力を入れている可児市の弁護士事務所です。
国道21号線や,国道248号線の近くにあるため,
美濃加茂市,多治見市,御嵩町,八百津町,土岐市などの中濃・東濃の方から債務整理の相談を受けています。

債務整理の相談に来た方からは,「もっと早く相談に来ればよかった。」「先生に会えてよかった。」といったお言葉をいただいています。

債務整理をすることで,人生の再スタートしたい方は,御相談ください。

債務整理の種類

債務整理の方法には,自己破産,個人再生,任意整理といった方法があります。
弁護士法人フルサポートでは,いずれの方法による債務整理もお受けしています。

弁護士が相談者と話し合いながら,どの債務整理の方法が,相談者にとって有利かを判断していきます。
もちろん,相談者の意見を聞きながら,できる限り希望にあった債務整理方法を,弁護士が提案しています。

多治見市・可児市の自己破産-債務整理を得意とする弁護士

2016-01-14

債務整理の相談事例

多治見市のAさんは,クレジットカードにより買い物をしているうちに借金が膨らんでしまい,今では給料のほとんどが借金の返済に取られている状態です。

Aさんは,やり直すことはできないかと思い,借金整理を得意とする可児市の弁護士事務所に相談をしました。
※フィクションです。


債務整理・借金整理業務について

 

債務整理の相談

弁護士法人フルサポートでは,多治見市,可児市,美濃加茂市,加茂郡,御嵩町など広い地域から借金整理の依頼を受けています。
弁護士法人フルサポートは,248号線のすぐ近くにあります。
そのため,多治見市からすぐ来ることができるため,弁護士法人フルサポートには多治見市から多くの相談者が来ています。

自己破産手続き

債務整理の相談を受けたときは,持ち家や車などを残したいという希望がない場合は,自己破産手続きを勧めることにしています。
自己破産は,損害賠償債務や税金などの一部の債務を残して,債務を0円にすることができます。
債務整理によって,人生のスタートを迎えるには,1番有効な手続きといえます。

★自己破産手続きの流れ

自己破産手続きを受任しましたら,まずは弁護士が債務整理を開始したことを示す「受任通知」を金融業者に送ることになります。
この「受任通知」を受けとった金融業者は,債務者に対して借支払いの催促ができなくなります。
「受任通知」を弁護士が送った後は,落ち着いて生活できるようになったとの声をよく聞きます。

その後は,書類を集めて,裁判所に自己破産手続きの申し立てをすることになります。
とくに問題がなければ,裁判所への申し立てから2か月ほどたてば免責決定がされて,借金が0円になります。

借金整理が得意な弁護士-可児市の弁護士事務所

2015-12-29

借金整理の相談事例

可児市に住んでいるAさんは,パチンコにはまり,消費者金融からお金を借りているうちに借金が膨れあがってしまいました。
Aさんの給料の多くは借金の返済に充てているのですが,なかなか返済を終えることができません。
Aさんは,債務の整理を希望して,借金整理が得意な可児市の弁護士事務所に相談をしました。
※フィクションです。


債務整理・借金整理業務について

 

借金整理の方法

借金で生活が苦しい場合は,自己破産が1番の根本的な解決策となります。
原則として借金が0円になるからです。

しかし,自己破産は,借金を完済する可能性が低いときでなくては認められません。
“利息が止まったと仮定しても,3年間で返済できないこと”が自己破産が認められる目安と言われています。

自己破産を選択するほど生活が苦しくない場合は,任意整理を選択することを勧めます。

任意整理

任意整理とは,債権者と交渉することで,債務者に有利な弁済方法に変更してもらう手法です。
具体的には,利息を止めてもらった上で,借金を3~5年かけて返していく合意を取り付けることになります。

自己破産とは異なり,家や車も換金して弁済にまわす必要がないというメリットがあります。

任意整理の特徴

任意整理は,自己破産のように裁判所を通して行う手続きではありませんので,債権者が応じてくれないこともあります。
また,自己破産とは違って,借金が0円になるわけではありません。

任意整理後は,毎月,計画的に返していく必要があります。
定職に就いているなど,ある程度,収入が安定している人に向いているといえます。

弁護士費用

弁護士法人フルサポートでは,借金整理(自己破産,個人再生,任意整理)については,分割払や,民事扶助を利用しての依頼を受けています。

借金整理の初回相談は無料で受けていますので,まずは,電話で予約のうえ,御相談ください。

« Older Entries
Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174