離婚問題を扱う可児市・美濃加茂市の弁護士事務所

2015-08-02

離婚弁護士

弁護士法人フルサポートは,離婚問題に力をいれています。
当弁護士事務所では,離婚ができるかという相談をよく受けます。

法定離婚事由

離婚は当事者間で合意がある限りは,どのような理由であろうとも離婚することはできます。
問題は離婚について合意ができない場合です。
このような場合は,法定離婚事由があれば離婚することができます。

法定離婚事由とは,
① 不貞行為
② 悪意の遺棄
③ 3年以上の生死不明
④ 回復の見込みのない精神病
⑤ 婚姻を継続し難い重大な事由
の5つです。

有責配偶者からの離婚の請求

浮気など,夫婦関係が破綻する原因を作った妻あるいは夫のことを有責配偶者といいます。
法定離婚事由の①から④は,有責配偶者に対する離婚請求を定めたものです。
有責配偶者が①から④を理由に離婚を求めたとしても,認められることはありません。

他方,法定離婚事由の⑤は,条文上は有責配偶者からの離婚請求も認めています。
しかし,そのような条文にもかかわらず,従来,裁判所は有責配偶者から離婚を原則として認めない立場をとっていると言われていました。
有責配偶者からの離婚請求は認めないと判断することが多かったのです。

しかし,近年では,条件つきであれば,有責配偶者からの離婚請求が認められる例が出てきました。
その条件とは,
(1) 別居期間が相当長期に及んでおり,既に婚姻関係が破綻し,修復は不可能とみなされる
(2) 満20才未満の子どもがいない
(3) 離婚をしても,相手が精神的・経済的に極めて過酷な状態におかれるおそれがない
の3点です。

離婚について争われている方は,離婚事由を満たしているかについては,弁護士に一度御相談ください

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174