離婚問題の弁護士-年金分割

2015-07-01

可児市の離婚弁護士

当事務所は,離婚・浮気問題に力を入れております。
月平均15件ほどの相談を受けています。
離婚・浮気問題の相談がある場合は,可児市の弁護士事務所まで起こしください。

年金分割の弁護士

弁護士法人フルサポートの弁護士への離婚相談では,慰謝料と財産分与について尋ねられることが多いです。

財産分与とは,離婚に際して,夫婦で作ってきた財産を分割することをいいます。

夫婦で作ってきた財産には,年金も含まれます。
例えば,夫が会社員で妻が専業主婦の場合,将来的に支払われる年金に差が生じます。
離婚の際は,この差額を分割請求することができるのです。
これを年金分割といいます。

2号被保険者と3号被保険者の違い

会社員や公務員は,2号保険者といい,国民年金(基礎年金)に加えて厚生年金や共済年金に加入することになります。
そして,年金を受給する年齢になると国民年金(基礎年金)に併せて厚生年金や共済年金を受けることができます。

他方,2号被保険者の扶養されている妻(専業主婦などの妻)は,3号被保険者となります。
3号被保険者は,年金を受給する年齢になっても国民年金(基礎年金)しか受け取ることができません。

年金分割の弁護士

専業主婦である妻は,離婚の際に夫に年金分割を求めることで,結婚期間で積み立てた厚生年金や共済年金の半額を受給することができます。

年金分割により増加する1回の支払額は大きいものではありません。
しかし,収入のなくなった老後を支えるものですし,何十年と受ける場合もあるでしょう。
離婚の際は,必ず年金分割を忘れないようにしましょう。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174