賃貸借契約を扱う可児市の弁護士-建物明渡し訴訟

2015-06-11

一般民事を扱う弁護士事務所

弁護士法人フルサポートは中濃・可児市に位置する弁護士事務所です。

可児市はもちろんのこと,美濃加茂市や多治見市,可児郡,加茂郡といった地域からの相談を広く受けております。
弁護士に相談のある方は,電話で御予約ください。

弁護士事務所では,離婚・男女問題,交通事故といった一般民事を中心に,広く弁護士が法律相談を受けております。

賃貸人の立ち退き

当弁護士事務所では,賃貸借契約の相談も受けております。

借主が家賃を滞納するなど,賃貸借契約を守らない場合,貸主と借主の間の信頼関係が破壊されたと評価することができます。

このような場合は,信頼関係が破壊されたことを理由として,賃貸借契約を解約することができます。
そして,賃貸借契約の解除を理由として,貸主は借主に対して,賃貸物件から立ち退くように請求できます。

具体的には,解除の意思を内容証明郵便などで通知することにより,自主的な立ち退きを求めていくことになります。

建物明渡し訴訟

しかし,問題は,信頼関係の破壊にいたっているのは明らかなのに,こちらからの明渡請求に応じない場合です。
この場合は,明渡し訴訟を行うことになります。

明渡し訴訟では,信頼関係が破壊されていることを基礎づける事実を主張していくことになります。
法律論を駆使しての争いになりますので,弁護士にお任せください。

強制執行

明渡し訴訟で,借主の主張が認められたとしても,自主的に明渡しをお粉言わない場合は,更に強制執行をすることになります。

強制執行では,相手方に対して自発的に退去するチャンスを与えるために,1か月ほどの猶予を与えることになります。

明渡し訴訟と強制執行は,あわせて,3~6か月ほどかかることが通常です。
だからこそ,早めに手を打たないと,日々,損失がたまっていく一方です。
家賃の滞納が2か月ほど支払われていない場合は,相談してください。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174