後遺障害等級8級の示談-多治見市の交通事故を得意とする弁護士

2015-11-19

相談事例

多治見市主婦Aさん(68歳)は,横断歩道を横断中に右折車に跳ねられました。
幸いに命に別状はありませんでしたが,腰椎の捻挫により痛みが残り,後遺障害等級8級の認定を受けました。

Aさんから相談を受けた可児市の弁護士事務所は,早速,任意保険会社との示談の交渉を始めました。
※フィクションです。
 


交通事故業務について

 

後遺障害の逸失利益と慰謝料

後遺障害逸失利益とは,後遺障害によって減少した収入を請求するものです。

専業主婦でも家庭を守っていますので,収入が発生しているとみなされています。
Aさんは,286万円の年収があるとみることができます。(学歴計・65歳~69歳の平均値)

そして,8級の労働能力喪失率は45%です。
また,68歳の平均余命の半分が稼働可能年齢と考えて,これに対応するライプニッツ係数7.72を利用します。

以上から,Aさんの後遺障害逸失利益は
286万円×45%×7.72≒994万円
となります。
 

これに加えて,8級の後遺障害から生じる慰謝料を830万円と算出することができます。
 

実際の事案

実際に,同じような事案では,当弁護士事務所に相談する前に,保険会社から受けていた提示額は984万円でした。

相談者は,他の弁護士から「高齢であるのだから,これだけもらえれば十分である。」といった説明を受けたそうです。

しかし,この事案では,交通事故を得意とする弁護士法人フルサポートの弁護士が示談することによって,およそ倍額の1824万円まで増額することができました。
 

増額しやすい事案

高齢であったり,専業主婦であったりしても,このように増額が可能な場合があります。
特に,後遺障害等級が認定された場合は保険会社の提示額と,弁護士が示談することによって合意を引き出せる額に大きな違いが生じることがあります。

後遺障害等級認定がおりた場合は,まずは弁護士に相談すべきです。
 

完全成功報酬制

弁護士法人フルサポートでは,交通事故の示談については,相談料0円着手金0円で,完全成功報酬制を取っています。

まずは電話(0574-49-9174)で御予約の上,相談にお越しください。
可児市以外からもアクセスしやすい場所にあるため,美濃加茂市多治見市土岐市をはじめとして,多くの地域から交通事故の相談を受けています。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174