岐阜県瑞浪市・土岐市の離婚問題に強い女性弁護士

2017-10-28

東濃地方(瑞浪市・土岐市)の女性のための離婚

弁護士法人フルサポートでは、女性弁護士と女性スタッフが中心となって、「女性のための離婚」に力を入れています。
このため、岐阜県瑞浪市・岐阜県土岐市などの岐阜県東濃地域の女性から、離婚の交渉代理、調停・裁判の代理の依頼を受けています。

弁護士を代理人に立てることによって、迅速な離婚と、正当な離婚条件を受けることが期待できます。

また、弁護士に依頼すれば、相手との交渉から解放されて、新たな生活へ集中することができることもメリットです。

 

男女問題・離婚業務について

 

経済的な離婚条件

女性の離婚において問題なることが多いのは、経済的な離婚条件です。

専業主婦や兼業主婦として家庭につくしてきた場合、収入が夫よりも少ないことが多くなります。今後の生活を安定させるためにも、正当な財産分与を受けるべきです。

しかし、夫は、財産は自分が築いたものであるとして、正当な割合での財産分与を拒むことがあります。夫が自営業や会社経営者などの場合は、特に、この傾向が強まります。

結婚に築いた財産は、妻が主婦であったとしても、妻は家庭を守ることによって夫の仕事を支えてきたのですから、原則として半分の分割を受ける権利があります。

当事務所の弁護士は、依頼者の離婚後の生活を守るために、正当な財産分与を受けられるように全力で戦います。

 

その他の条件

離婚には、その他にも、慰謝料、親権、養育費、年金分割など定めなければならない離婚条件がたくさんあります。
当人同士で交渉しようとしても、交渉が長期化したり、相手の主張に押し切られたりすることがあるようです。

そして、不当な離婚条件であっても、合意してしまいますと、これをひっくり返すことは、非常に難しくなります。
当事務所の弁護士を代理人にすることで、正当な条件で、素早く、離婚を成立させることが期待できます。

 

示談の段階から弁護士に依頼を

当事務所では、離婚調停や離婚裁判になる前に弁護士に代理を依頼することを強くお勧めしています。
当事者間で、言い争いを続けた後に調停になった場合、弁護士に依頼しても、悪感情が強まっていることが多く、解決に時間がかかることがあるからです。

示談の段階から弁護士に依頼することで、感情的な言い争いを回避できますので、1か月程度で速やかに終わることがあります。

 

調停・裁判になった場合は弁護士に依頼を

もし、既に、調停や裁判になってしまった場合、別の観点から、弁護士に依頼するべきです。
調停や裁判では、感情的な主張よりも、法律に従った主張をしなければ、裁判官や調停員を自分の味方にすることはできません。
弁護士に依頼することによって、法的な主張が可能になります。

 

岐阜県瑞浪市・岐阜県土岐市で離婚を考えられている場合は、まずは、弁護士法人フルサポートの女性弁護士に御相談ください。
親身になって御相談にのりますので、まずはで相談を御予約ください。

 

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174