弁護士法人フルサポートの業務-自己破産

2015-05-03

休日も営業する可児市の弁護士事務所

ゴールデンウィークの二日目ですが,弁護士法人フルサポートは通常営業をしております。
今日は二組の方が,弁護士に法律相談にいらっしゃいました。

当法律事務所は,可児市のパティオのそばにあります。
美濃加茂市や御嵩町,多治見市,犬山市といった可児市の外の方も御利用ください。
連休中も朝10時から夜9時まで事務所は開いております。


債務整理・借金整理業務について

 

弁護士法人フルサポートの弁護士の業務

当事務所の弁護士への相談は,離婚・男女トラブルと,交通事故が多くあります。
これに続く相談として,借金整理と相続の相談があります。

借金整理の中では特に残したい持家などがなければ,自己破産を選択するのがよいかと思います。

自己破産は一部の借金をのぞき,借金をゼロにすることのできる手続です。
手続を進めていくには,多くの書類が必要になります。

自己破産の申立てに必要な書類

事案の内容に応じて必要な書類は増減しますが,主に必要な書類は以下のものです。
以下の書類をできる限りそろえて法律相談に来ていただけますと,相談をスムーズに勧めることができます。

☆債権者の確定に必要なもの
①債権者との契約書,債権者からの請求書・領収書
②クレジットカード
③水道光熱費・電話・インターネット等の請求書・納付書
④滞納している各種税金,年金などの請求書・納付書

☆資産や収入の証明
①最近2か月の給料明細書の写し
②過去2年分の源泉徴収票の写し又は確定申告書の写し
③課税証明書の写し(①②がない場合)
④過去2年間の預金通帳退職年金
⑤車検証
⑥不動産登記簿
⑦固定資産評価証明書
⑧保険証券

☆手続に必要なもの
①住民票

たくさんの書類

そろえなければならない書類の多さに驚く方もいらっしゃいます。
しかし,数百万円から,ときには数千万円にも及ぶ借金をゼロにするための手続です。
裁判所も慎重な判断が必要になりますので,たくさんの書類が必要になるのも当然です。

また,相談に来る場合は,
①どこから,幾ら借りているかの表と
②ここ2か月の収入と支出をまとめたものをお持ちください。

書類と用意する書面の多さに驚く方には,「それだけのお金をもらう仕事だと思って頑張ってください。」とお伝えしています。
また,書類の取得方法についてはアドバイスも行っておりますのでご安心ください。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174