弁護士法人フルサポートの業務-借金整理

2015-05-09

日曜・夜も弁護士の法律相談

弁護士法人フルサポートは,可児市のヨシヅヤの1本隣の通りにあります。
可児市,美濃加茂市,御嵩町,多治見市,犬山市などから簡単にアクセスできる位置にあります。

日曜日も弁護士が法律相談を受けておりますので,電話で予約してからお越しください。

交通事故,離婚・男女トラブル,借金整理などが重点業務です。
もちろん,これ以外の法律相談も弁護士が対応しております。


債務整理・借金整理業務について

 

当弁護士事務所でよく受ける相談 借金整理

借金の返済の目処が立たずに苦しんでいる方から法律相談を受けることがあります。
借金整理の方法としては幾つかありますが,一番勧めることが多いのは自己破産です。その次に勧めることが多いものが個人再生になります。

自己破産

借金整理で,まず検討していただきたいのは自己破産です。
自己破産は,高価な財産を売却して借金返済にあてることと引き替えに,残っている借金を原則として0円にするという制度です。

自己破産後は,相当に生活が制限されるようなイメージが広まっているようですが,実際に問題となる制限としては,5~7年程度クレジットカードを作れなかったり,銀行から借金ができなくなることくらいです。

個人再生

個人再生は,借金の額を5分の1程度に圧縮させて,およそ3年間かけて支払っていく制度です。

自己破産と異なり,持家を売却せずに残すことができる場合がある点が特徴になります。
もっとも,幾つかの要件を満たしていないと,持家を残すことはできませんので,その点は,弁護士に確認してください。

家を残す方法を相談したい場合は,初回の相談時に,建物・土地の登記と固定資産評価証明書をお持ちになると,話がスムーズに進むことになります。
建物・土地の登記は法務局で,固定資産評価証明書は市役所で取ることができます。

借金整理の着手金支払方法

自己破産や個人再生を受任した場合は,着手金を頂くことになりますが,着手金がすぐには支払えないという方がほとんどだと思います。
そこで,当事務所では借金整理について分割払を受けています。

もっとも,借金整理を望まれる方は,現状では,分割払でも苦しいという方も多いでしょう。
しかし,借金整理の手続に進んだ場合には,分割払ができるようになることがあります。

弁護士に借金整理について委任した場合は,まずは弁護士が受任通知を債権者たちに送ることになります。
この受任通知を受け取った債権者は,借金の弁済の請求ができなくなるのです。

したがって,弁護士に委任して,弁護士が受任通知を送付した後は,今まで借金の返済に充てていたお金を弁護士費用にあてることができます。

受任通知後,破産や個人再生の申立てまでは3か月ほど時間がかかります。
また手続が開始しても,破産や個人再生が終了するまでは更に6か月ほどかかります。
この期間を利用して,弁護士費用を支払ってもらうことになります。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174