弁護士法人フルサポートの弁護士業務-離婚協議書

2015-05-18

可児市の弁護士事務所

弁護士法人フルサポートは,可児市広見にあります。

当弁護士事務所は,昼間は働いている人でも,利用しやすいように,夜9時まで営業しております。
可児市はもちろんのこと,美濃加茂市や多治見市,可児郡といった方も,お仕事が終わってから御利用ください。

男女問題・離婚業務について

 

弁護士法人フルサポートの弁護士業務

弁護士法人フルサポートは,交通事故,借金整理などの相談が多いですが,中でも離婚・男女トラブルの相談を多く受けております。

離婚の相談でも,必ずしも裁判の相談とは限りません。
離婚の多くは夫婦間の合意によって離婚届けがなされることになります。
これを協議離婚といいます。

協議離婚ができない場合に,次の手段として,調停離婚,審判離婚,そして訴訟による離婚を試みることになります。

離婚に際してしておくべきこと

離婚自体は合意に達した場合でも,離婚をする際に決めておくことはたくさんあります。
例えば,慰謝料や財産分与,親権をどちらが持つか,養育費の額,面会交流権について等です。

こういったことは,離婚前にしっかりと話し合うことが必要です。

また,話し合いによって合意が得られた離婚条件は,必ず書面にしておくべきです。
離婚してから何年かしてから離婚条件について,改めて争いが生じることはよくあることです。
書面化しておくことで,このような争いを避けることができます。
そして,書面にするときは,後で争う余地のないように,弁護士に依頼して,しっかりとした文面にしておくことが大切です。

公正証書にしておく

また,相手が養育費等の支払が滞ったときに備えて,強制執行を認諾する文言のついた公正証書にしておくこと有効です。

執行認諾文言付公正文書を作成しておけば,相手方が離婚協議書に記載された債務を履行しない場合は,強制執行を行うことができます。

弁護士法人フルサポートでは,離婚の訴訟のみではなく,離婚協議書の作成や,公正証書の作成のお手伝いもしておりますので,御相談下さい。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174