弁護士法人フルサポートの弁護士業務-個人再生

2015-05-24

可児市の法律事務所

弁護士法人フルサポートは可児市の法律事務所です。
可児市の近くの美濃加茂市や加茂郡,多治見市からの相談もたくさん受けております。

日曜日も弁護士が法律相談を受けておりますので,本日もご利用ください。
法律相談にお越しになる際は,まずは電話で予約をしてください。
弁護士の予定があいていましたら,当日に法律相談を受けることも可能です。


債務整理・借金整理業務について

 

借金整理

借金で生活が苦しくなった場合は,借金整理をお勧めします。
借金整理は任意整理と自己破産が主な選択肢となります。

持っている預貯金や資産にもよりますが,利息がとまった場合は3年間(36か月)で借金を返すことができる場合は任意整理による借金整理を試みることになります。
しかし,利息が止まったとしても36か月よりかかってしまう場合は,自己破産を試みることになります。

自己破産は,今,有している財産のうち自由財産以外を換価して借金の返済に充てることと引換えにして,借金を帳消しにしてもらう制度です。

全ての財産が借金の返済にあてられるわけではなく,これからの生活に必要な限度で財産を残すことができます。
したがって,自己破産をしても一定程度の財産を保持することはできます。

個人再生

しかし,自己破産では住宅や土地などは原則として保持できません。
このため,持家がある人は,なんとかして自己破産を避けることができないかと相談を受けることがあります。

持家を保持したままの借金整理ができる制度として,「個人再生」という制度があります。
個人再生において住宅資金特別条項を使うことによって,借金整理後も持家を残すことができます。

もっとも,同制度を使うには,持家のローンがあることや,原則として住宅ローン意外の抵当権が持家についていないこと等の制限があります。
制度が使えるかは弁護士にご相談ください。

また,持家のローンを払い続けていく必要があります。
また,個人再生は,借金はおよそ5分の1まで減らすことができますが,自己破産のように借金が帳消しになる制度ではありません。

ある程度,一定の収入が定期的に入ってくる人が対象となっています。
個人再生について詳しく知りたい方は,電話でご予約の上,法律相談をご利用ください。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174