弁護士法人フルサポートの弁護士業務-不倫相手への慰謝料請求

2015-06-04

弁護士事務所の業務

弁護士法人フルサポートにもっとも多く寄せられる相談のひとつが離婚・男女トラブルです。
中でも多いのは,夫の浮気や,妻の浮気があった場合に,浮気相手への慰謝料請求の相談です。

男女問題・離婚業務について

 

浮気相手への慰謝料請求

現時点では,浮気をした夫や妻との離婚までは考えていないものの,まずは浮気相手への慰謝料請求ができないかという相談です。

離婚をしない場合でも慰謝料請求ができるかを心配されている方もいます。

夫婦間には貞操義務といって,不貞行為をしない義務があるところ,これを破ったことが不法行為と考えられています。
したがって,その後に離婚したかどうかは不法行為の成立には無関係といえます。
そのため,浮気が原因で離婚をしなかった場合でも慰謝料を請求することはできます。

慰謝料請求の方法

浮気相手の反省が全く期待できない場合は,最初から訴訟で慰謝料を求めることもあります。
しかし,通常は,まずは内容証明郵便によって,慰謝料の額を提示して自主的な支払を求めることになります。
これを示談といいます。

浮気相手としても,裁判で争うには費用と時間がかかるため,示談で終えることはメリットがあります。
また,裁判は原則として公開となりますので,これを避けるために示談に応じてくる相手もいます。

浮気相手が,内容証明郵便による慰謝料請求に応じない場合は,裁判で請求していくことになります。

慰謝料請求の相場

どのくらいの慰謝料が請求できるかは,不貞行為の長さや頻度に影響を受けます。

また,裁判で請求していく場合には,そろっている証拠の強さにも影響を受けることになります。
実務上は,不貞行為(肉体関係)の存在を直接示す証拠がある場合は,比較的高額の慰謝料が認められる傾向にあります。

どの程度の証拠があれば,どの程度の慰謝料が請求できるのかは,具体的な事情により異なりますので,弁護士に御相談ください。

弁護士への相談

弁護士法人フルサポートでは,不倫相手への慰謝料請求の相談は,初回無料で受けております。
初回相談時に,慰謝料額の見込みと,請求にかかる費用もお伝えいたします。

もし,弁護士費用の方が高くつくような場合は,その旨もお伝えいたしますので,まずは御相談ください。
相談を希望される方は,電話で御予約ください。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174