弁護士法人フルサポートでよく受ける質問-離婚後の子の姓

2015-05-05

祝日・夜も法律相談

弁護士法人フルサポートは,平日昼間に働いている人でも御利用しやすいようにと祝日や夜も法律相談を受けています。

明日も当弁護士事務所は,朝10時から夜9時まで弁護士が法律相談を受けておりますので,御利用ください。

重点業務は,離婚・男女トラブル,交通事故,借金整理ですが,これ以外の法律相談も弁護士が受けています。
また,訴訟だけではなく,示談代行や支払督促,内容証明郵便などを紛争の大きさや,ご予算に併せて提案しています。

男女問題・離婚業務について

 

離婚と戸籍

現在の日本の戸籍は夫婦とその子どもを1つの単位として扱っています。
そして,同じ戸籍ならば同じ「姓」となるのがルールになっています。

このように「姓」は同じ戸籍に入っていることを示すものでもあるのです。

夫婦が離婚をした場合は,戸籍の筆頭者ではない方が戸籍から抜けることになります。
そして,戸籍から抜けた側は,結婚時の「姓」の利用を続ける申出をしない限りは,旧姓に戻ることになります。

離婚後の子どもの姓

では,子どもの「姓」はどうなるでしょうか。
結論から言えば,両親が離婚をしても,子どもの「姓」は変わりません。

例えば,父が戸籍筆頭者で,母が離婚により夫婦の戸籍から抜けて旧姓に戻ったとします。
母が子どもの親権者となって引き取った場合であっても子どもの「姓」は変わりません。

両親の離婚や,母が親権者になったことは,子どもが戸籍から抜ける原因にはならないからです。
子どもは,父を筆頭者とする戸籍に残ります。
そして,父と同じ「姓」のままになります。

離婚をして子どもを引き取っても,子どもの姓は変えないであげたいという相談を受けることがあります。
そのときは,何も手続をしないでおけば,子どもは戸籍が変わらないので,姓は変わらないことになります。

子どもの姓を変えたいとき

では,このような場合に子どもを母親と同じ姓に変えることができるでしょうか。

離婚をして母が戸籍を離れるとき,母は結婚前の戸籍に戻るか,新しい戸籍を作るかを選べます。
このとき,新しい戸籍を作る方を選んでください。

そして,家庭裁判所に子どもの姓(氏)を母親と同じ姓に変更する許可手続をとります。

その後,子どもを母の戸籍に入籍させれば,子の姓を母の旧姓と同じ姓にすることができます。

子どもを母と同じ戸籍にして,姓を変えない方法

離婚によって戸籍を抜ける母親から,子どもの姓を変えたくないが,自分と同じ戸籍に入れたいという相談を受けることもあります。

母親も結婚時の姓を名乗り続けるのならば,そのようなことも可能です。

以上,やや複雑な話でしたが,離婚の相談時には,離婚後の姓といったことも説明いたしますので,ご相談ください。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174