可児市・美濃加茂市の離婚弁護士-審判離婚

2015-07-10

可児市の離婚が得意な弁護士事務所

弁護士法人フルサポートは可児市・美濃加茂市の弁護士事務所です。
交通事故と離婚・男女トラブルに力をいれています。

弁護士に相談があるときは,電話で予約を入れた上で,弁護士事務所にお越しください。

離婚の流れを説明する弁護士事務所

離婚を相談される方は,これからの手続の見通しからお話しすることになります。

離婚では,まずは協議による離婚を目指します。
これを協議離婚といいます。

しかし,両者が合意に達せずに協議離婚ができなかった場合は,
調停を申し立てて調停離婚を試みます。

調停離婚が成立しるには,やはり合意が必要です。
調停は,両者の合意点を模索する制度だからです。

もっとも,調停では調停委員という仲裁人がいます。
両者が合意できるように,お互いの意見を聞き,お互いを説得することで妥協点を探してくれます。

しかし,残念ながら調停が不調に終わることがあります。
この場合,裁判によって離婚請求をしていくことが原則となります。

しかし,僅かな意見の食い違いによって,合意ができなかった場合にまで,裁判をする必要があるというのも酷です。
裁判では,調停とは別に1から主張をしなおす必要があるからです。

審判離婚の弁護士

そこで,調停が不調の場合,職権によって審判に移行することもできます。
審判では,調停で出された資料も使われます。

職権によって審判に移行することは,極めて希ですが,婚姻費用や財産分与,面会交流といった条件にわずかな食い違いがあった場合などに用いられることがあります。

審判では,調停とは違い,当事者の同意によって成立するのではなく,裁判官が離婚の可否や離婚条件の判断をすることになります。
審判の結果に納得がいかない場合は,2週間以内に異議申立てをすることで審判離婚の効力はなくなります。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174