可児市・美濃加茂市で相続を扱う弁護士事務所

2015-07-27

相続の弁護士事務所

弁護士法人フルサポートは,離婚・男女問題,交通事故に重点をおいた弁護士事務所です。
その他の分野としては相続についての相談も弁護士が受けております。

被相続人死亡後の預貯金等の管理

被相続人の預貯金は,その人が亡くなった時点から,相続財産となります。
そのため,銀行などの金融機関が口座名義人の死亡を知ると,その口座は一旦凍結され,事由に引き出すことができなくなります。口座振替などもすべてストップされ,たとえ配偶者であっても,手をつけることができません。
口座の凍結を解除するには,預金口座の名義変更か解約の手続をする必要があります。

遺言書がない場合

特に遺言書による相続の指定がない場合,相続人全員で話し合い,「誰が相続するか」若しくは「誰が一旦代表して受け取るか」が決まれば,解除することができます。
手続には,遺産分割協議書や相続人全員の印鑑証明書や金融機関提出書面への署名,実印による押印などが必要となります。

相続時の手続

また,被相続人が自動車を所有していた場合は,移転登録が必要です。相続人の誰かが引き継ぐ場合でも,売却や廃車にする場合でも,一度相続による名義変更をしなければなりません。相続人の誰かが引き継ぐ場合は,新しい住所を管轄する陸運支局等で手続をします。

他にも,被相続人が契約者だった水道やガス,電気なども名義変更が必要です。
被相続人の口座が凍結してしまうと支払に滞りが生じることもあるので,被相続人の死亡後はできるだけ早くこれらの手続を行いましょう。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174