可児市の離婚弁護士-専業主婦の財産分与請求

2015-12-03

相談事例

可児市の弁護士が,可児市に住む専業主婦Aさんから,離婚の相談を受けました。
夫BさんのDVが原因で,離婚をすることになりました。
ところが,夫Bは自分が貯めたお金だから主婦Aさんには1円も支払わないと主張しています。
専業主婦財産分与について弁護士はどのようなアドバイスができるでしょうか。
※フィクションです。
 

男女問題・離婚業務について

 

専業主婦の財産分与

離婚の相談で,財産分与についてもめているとの相談をよく受けます。
夫が,専業主婦であった妻に対して1円も支払わないと主張することが,しばしばあります。

たしかに,主婦業は外部から金銭を得てくる仕事ではありません。
しかし,主婦は,家を守ることによって,夫の働きをサポートしていると考えられています。

したがって,一方が専業主婦であったとしても,夫婦で築いてきた財産の半分は主婦の功績だったと考えられています。
このため,離婚に際しては,専業主婦でも,夫婦で築いた財産の半分を分けるように請求することができます。
 

財産分与の例外

ただし,財産分与の対象となるのは,結婚後,同居期間中に築いた財産とされています。
離婚前に別居期間がある場合は,別居開始までに築いた財産に限定されます。

また,財産分与の対象となるのは,夫婦で築いた財産ですので,相続などにより個人的に得た財産は財産分与の対象にならないと考えられています。

どの財産が財産分与の対象となるかは弁護士に相談するとよいでしょう。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174