可児市の借金整理の弁護士-個人再生

2015-12-08

相談事例

可児市の会社員Aさんは,カードの借金が増え続けて,給料のほとんどが借金の返済に消えていく状態になっています。
友人からは自己破産を勧められましたが,家族と一緒に住んでいる土地と建物を手放したくはありません。
Aさんから相談を受けた,借金整理を得意とする弁護士は,どのようなアドバイスができるでしょうか。
※フィクションです。


債務整理・借金整理業務について

 

個人再生

借金整理では,まずは自己破産を検討してみることになります。
一般に自己破産に対するマイナスのイメージは強いようですが,原則として借金を0円にすることができる点で,自己破産は他の債務整理の方法よりも優れています。

しかし,住宅を手放したくないという事情がある場合は,個人再生手続を行うことが考えられます。
個人再生に向いている人は,一定の安定した収入がある人です。

住宅を残す方法

個人再生には,住宅資金特別条項というものがあります。
この住宅資金特別条項に当てはまる場合は,住宅(土地・建物)を処分しないで債務整理をすることができます。

住宅資金特別条項を使うためには,住宅ローン以外の抵当権が土地・建物についていないことといった条件があります。
条件に当てはまるかは弁護士にご相談ください。

個人再生手続きに向いている人

個人再生による債務整理は,自己破産のように,借金が消えることはありませんが,借金の額を5分の1程度に減らすことができます。
減額した借金については,計画的に返済をしていく必要があります。

このため,個人再生手続は,ある程度安定した収入がある人に向いている手続といえるでしょう。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174