可児市で相続の相談を受ける弁護士法人フルサポート

2015-06-10

相続は弁護士事務所に

可児市では,弁護士事務所に相続についての相談も多く寄せられています。

相続は税金だけの問題ではなく,誰が何を相続するかが争いになることもあります。そのようなときは,税理士ではなく弁護士の出番となります。

遺言・相続について

 

相続

相続は,父や母といった親族がお亡くなりになったときに開始します。

もし,遺言書がない場合は,相続人の間で協議をして遺産を分割することになります。
その場合は,相続は,被相続人の財産と,相続人を確定させることから始まります。
当事務所では,財産や相続人の調査も行っておりますので,御相談ください。

相続人間で合意が成立しない場合は,裁判所に調停を申し立てて遺産の分割を行うことになります。

調停では,原則として法律で定められた割合での分割を行います。しかし,以下のような事情があれば,相続の額が増減することがあります。
 ・増える事情… 被相続人の介護をしてきた
 ・減る事情…… 被相続にから家を買うの資金を受けた

どのような事情が相続の割合に影響を及ぼすかは,弁護士に御相談ください。

遺言書

遺言書があれば,これに従って,相続人間で分割することになります。
遺言書を用意しておくことは,自分がいなくなった後の親族に争いを残さないために重要な行為です。

しかし,遺言書は,法律上形式が定められているので注意が必要です。

御自身で遺言書を作成しますと法律上の形式に沿わないものを作ってしまうおそれがあります。
形式が間違っていますと,せっかく残した遺言書が無効とされてしまうことがあります。

遺言書を作成したい場合は,是非,弁護士に御相談ください。弁護士法人フルサポートでは税理士とも連絡をとりながら最適な遺言書の作成をサポートします。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人フルサポート All Rights Reserved.
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3-13 セントラルプラザ西可児302
TEL :0574-49-9174